フェアリー・ライラック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大丈夫なのかいな

大丈夫なのかいな


オムロン、事業拡大に向けて新規領域事業と中華圏での事業に注力
2005年12月13日 11時56分
オムロンは、2005年10月31日に発表した2005年度の中間決算(2005年4月~9月)や通期の業績見通し、ならびに今後の経営方針の詳細について発表した。営業利益に計上している厚生年金基金の代行返上に伴う代行返上益を除くと、同社の中間決算での営業利益は実質的に減益している。営業利益の通期の業績見通しは650億円を割り込むと予測するものの、現時点では通期の業績見通しを変更しないという。中期経営計画における重点戦略として新規領域での事業と、中国や台湾などの中華圏での売上高増を挙げた。このうち新規領域の事業として主に車載向け機器、MEMS、液晶バックライト・モジュール、基板検査装置などを挙げ、2003年度に比べて2007年度の売上高を約500億円増やす計画。一方、中華圏での既存事業は約10億米ドル増やす考えだ。




営業利益が実質減益だったのは、液晶バックライト・モジュール事業が小型品、大型品ともに低調だったため。携帯機器に向けた小型品では、売値が前年度に比べて30%~50%下がったことが影響したという。主に大型液晶パネル向けた大型品では、2005年4月から予定していた台湾の液晶パネル・メーカーの生産工場での稼動開始がクリーンルームの認定の遅れなどで同年8月にずれ込んだことと、台湾の液晶パネル・メーカーの生産が低調だったことを減益の理由として挙げた。
スポンサーサイト
  1. 2005/12/13(火) 15:13:14|
  2. 出来事コメント

プロフィール

lilac

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

**


***


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。